ご挨拶

有田充臣 初めまして、テコンドー日本橋道場指導者の有田充臣と申します。
この度、地元日本橋の地にテコンドーの道場を開設する事になりました。
挨拶、礼などはもとよりこれから選手を目指される方・学生時代やってた方・皆さんの目的に応じた指導をしていくように心掛けています。
当道場では学生、一般社会人や様々な方々が所属しており入会者はほとんどの方が初心者で体の硬い方ばかりです。
(当道場より全日本入賞者、全日本Jr優勝者(最優秀賞)選手を輩出いたしましたがこの人達もテコンドー・格闘技・未経験の初心者でした)興味のある方は、直接当道場又は下記連絡先までお願いします。

日本橋道場 練習日

毎 週:水曜日・土曜日
少年部:19時~20時まで
一般部:20時~21時半まで

自由練習(日本橋小学校:養正館)
毎 週:木曜日
    一般・少年少女合同 19時半~21時半まで




テコンドーとは

左:岡本依子選手 │ 右:有田充臣師範
テコンドーワールドカップ 選手宣誓
左:岡本依子選手 │ 右:有田充臣師範
テコンドーは韓国の武道で別名「足のボクシング」ともいわれ、蹴り技が他の格闘技に比べてかなりの比重をしめており、技が多彩であり、実力者の蹴り技は芸術性さえ感じてしまいます。
ソウルオリンピック(1998年)バルセロナオリンピック(1992年)で公開種目とされ、シドニーオリンピック(2000年)より正式種目として採用されました。
そのシドニーオリンピックでは岡本依子選手が銅メダルを獲得し、皆さんにテコンドーの名が知らされるようになりました。
現在、世界テコンドー連盟*(wtf)の加盟国は190ヵ国以上に及び、競技人口は6000万人と国際的な武道(スポーツ)に発展しています。
国際大会は、オリンピックを筆頭に、世界大会・アジア大会・ユニバーシアード大会など様々な試合が実施されています。
又、一般の人が出場できる海外の国際大会もあり、テコンドーを通じて交流・国際貢献も盛んになっています。国内の競技人口は、1万5000人程度ですが、2002年日本で第12回テコンドーワールドカップが開催された事を契機に、高校・大学でのクラブ活動や地方自治体でのスポーツ教室開催等で競技人口は増加しています。

*世界テコンドー連盟 WTF = World Taekwondo Federation




HOME